事故に巻き込まれたときにはどうするか?

どんなに安全に注意を払っていても、交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。このときはいったいどうしたら良いのでしょうか?

自分が交通事故に巻き込まれた被害者の場合は、加害者の情報を聞き出しましょう。名前・住所・電話番号などの連絡先を教えてもらってください。このとき加害者が嘘を言うことも考えられますので、運転免許証などを見せてもらい、きちんとした身分証明書を確認してください。

自分が怪我をしてしまっていてもそうでなくても、必ず救急車を呼びましょう。もしかすると外見ではわからないところに怪我をしていて、後日容体が急変する可能性があるからです。必ず病院へ行って診察してもらいましょう。

交通事故に遭ったら、自分の被害状況をすぐに確認しましょう。

警察にも直ぐ連絡をしてください。警察には事故の様子を詳しく伝えてください。このとき事故の様子を写真で撮影しておくと、後程事故現場の証拠写真として重宝します。万が一加害者が嘘を言う場合も、この証拠写真がとても役立ちます。

わざと交通事故を起こしたり、酒酔い運転などの事故に巻き込まれた場合は、裁判に発展することもあります。裁判に発展すると、素人が解決することが難しい場合があります。

こういうときは、交通事故に詳しい弁護士を雇いましょう。弁護士に事故の状況を説明するときにも、証拠写真があると資料として役立ちます。