実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

歩行者として交通事故に巻き込まれないようにする方法

交通事故は自動車を運転していなくても巻き込まれることがあります。歩行者の立場で交通事故に遭わないためにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは運転者にいち早く発見してもらう必要があります。

横断歩道を渡るときは左右をしっかりと確認した上で、手を挙げて渡りましょう。

夜には自動車のライトが反射して目立つように、反射材を付けて自分を目立たせましょう。運転者に発見されることが早ければ、その分だけ交通事故に巻き込まれ難くなります。反射材はホームセンターなどで安く売っていますので、夜に出歩くときは必ず身に着けてください。また、夜には暗い色の服よりも白などの明るい色の服を着るようにしましょう。光を反射しやすいので、運転者に発見されやすくなります。夜にはライトを持って出歩くのも良いでしょう。

黄色信号では渡らないようにしよう

信号機が黄色に変わり、慌てて走り出す人がいます。信号機が黄色になったら次の青信号になるまで待ちましょう。慌てて横断歩道を渡ると、車が突っ込んで来る可能性があります。出かけるときには待ち合わせ時間に余裕を持って出かけるように習慣づけましょう。無理に横断歩道を渡ることで、交通事故に巻き込まれる可能性があります。

横断歩道が無い場所を横断することは極力控えましょう。特に信号が無い道路では横断するときに注意をする必要があります。

DATE:2016/08/08

ピックアップ記事一覧へ