実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

自動車を運転するときに交通事故を防ぐ方法

あなたは交通事故に巻き込まれてしまったことはありますか?

車大国である日本では、毎日どこかで必ず交通事故が起きています。「自分だけは大丈夫」「私はあまり車に乗らないから、交通事故には巻き込まれない」と考えているかもしれません。しかし、交通事故はいつどこでも起きる事故です。常に油断しないことが大切です。

交通事故は特に交差点で起きています。交差点の中でも信号機の無い見通しの悪い交差点で事故が発生しています。交差点では、しっかり左右の安全を確認しましょう。カーブミラーが設置されているところでは、そのカーブミラーも見て安全を確保してください。

バイクや歩行者にも注意を

交差点では車同士の交通事故だけではなく、バイクや歩行者による事故も多発する場所です。カーブを曲がるときは、バイクが後ろから来ていないかどうかもサイドミラーで確認しましょう。もしバイクが来ていることに気づかずカーブを曲がってしまうと、バイクを巻き込んでしまう危険性があります。自転車でも同じことが言えます。

歩行者が死角に入ってしまい、発見が遅れるという事態も想定しておきましょう。カーブを曲がるときには、そうした事態に対処出来るようにするため、ゆっくりとスピードを落としてください。歩行者を巻き込まないように、特に夜は見通しが悪いので気を付けて曲がる必要があります。

DATE:2016/08/10

ピックアップ記事一覧へ