実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

交通事故に直面した友人へ

友人が重大な交通事故を起こしてしまったようです…。
私は直接、連絡をうけたのですが、それはたまたま同窓会の連絡があったのでメールをしてみたのです。
すると、交通事故を起こしてしまったので、同窓会には参加できないだろうということでした。
本当にお気の毒で、びっくりしてしまったのですが、その友人には家族もいるし、子供はまだ育ちざかりです。
どうも、とても重大な交通事故を起こしてしまったようで、本当にお気の毒で、心配です。
それ以上は深くは聞けませんので、しばらくはそっとしておこうと思っています。

数年前から、交通事故の取り締まりがとても厳しくなりました。
それは本当に必要なことです。
運転をする者の心掛けにも直結し、気をより引き締めて運転しないといけません。
一瞬で、今までの家族の平和な生活が失われてしまうのですから。

交通事故は運転する側も、歩行者・自転車なども気をつけないといけない

その友人の起こしてしまった交通事故に関して、詳しいことはわかりかねますが、加害者になってしまったならば、被害者の方も、本当にお気の毒です。
交通事故は、絶対に車が悪いのですが、被害者の方も、運転手が想像できないような行動をとっていることもあるといいます。
例えば、酔っぱらって真っ暗な道路に寝ていたとか、いきなり猛スピードで飛び出すなど…。

交通事故を防ぐには、本当に運転側も、歩行者、自転車も、気を付けて正しいルールと予知運転をしっかりとしていくしかありません。

早く友人が元気で、また次回の同窓会に出てきてくれることを望みます。

DATE:2016/08/15

ピックアップ記事一覧へ