実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

交通事故の多い場所・夜間

交通事故が起きやすい時間帯があります。それは夕方から夜間にかけての時間帯です。それはいったいどうしてなのでしょうか?

夕方には帰宅を急ぐ仕事帰りの方が増えます。当然交通量も増えますので、それに伴い交通事故も増加していきます。
夕方は強い西日が差し込みますので、視界が眩しくなり、どうしても見え難くなります。サンバイザーでも防げないこともしばしばあります。

夜間の運転も交通事故が起きやすい

夜間では周囲が暗くなって、いつもの通っている道も違った場所に感じることがあります。そのため、普段通る道でも緊張感が生まれます。緊張によって心に余裕が無くなり、歩行者に気が付かなかったり、気づくのが遅くなることがあります。
夜間には車もライトを点けます。しかし、このライトが眩しかったりすることがありますので、個通事故に繋がる場合もあります。対向車のライトと自分の車のライトが重なり、歩行者が見えなくなるという蒸発現象が起きることもあるのです。このせいで歩行者を事故に巻き込んでしまう場合もあります。
さらに夜間は雨が降るとさらに視界が悪くなってしまいます。雨の日にはなるべく外出を控えたり、いつもよりもゆっくりとしたスピードで運転をするなど、配慮が必要です。

夕方や夜間の運転には十分注意して、交通事故を防ぎましょう。

DATE:2016/08/29

ピックアップ記事一覧へ