実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

保険会社の方の説明に不服

先日の事ですが、交通事故にあいました。命に関わるような事故では無かったのが幸いですが、私の中では到底納得がいかないものでした。

その時の事を説明させていただくとこうなります。

まず、私は歩道を自転車で走行していました(自転車専用のレーンがない道でした)。すると、ガソリンスタンドから車が通りに出てくるところが見えました。当然私がガソリンスタンドを通り過ぎてから出てくると思ったので、そのまま前を進みました。

すると大通りに車の切れ目を確認したから急いだのか?私の事など全く目に入っていない?という感じで、車が出て来た為に私の自転車にぶつかったのです。

自転車の前輪が相手の車にぶつかった為に、当然バランスを崩して真横に倒れました。結果的に私は足首と手を怪我して、自転車も前輪が完全につぶれる形になりました。相手の車も結構な傷がついていた様に見えました。

最初は運転手も車で人にぶつけたと言う動揺と気まずさからか、大丈夫ですか?みたいな感じでしたが、その後、相手が加入している保険会社の方と話を(電話で)進めていくうちに、私は走行していた場所は自転車は通行禁止されている場所だし、あなたにも原因がある・・と含みを持たされる言い方をされました。

当然そんな話には納得が出来なくて、思い切り言葉に出しました。今後は交通事故専門の弁護士事務所に依頼をして進めていってもらう運びになりました。とても1人では対処が出来ないので、全てを託してお願いをします。こういうケースで悩んでいるのは私だけではないという事が分かり、今は安心して託すという気持ちです。

DATE:2016/09/12

ピックアップ記事一覧へ