実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

自転車対自動車の交通事故

先日、予想外の交通事故に遭ってしまって、弁護士の先生への相談を考えています。

東京や大阪に比べると比較的田舎の地域で住んでいる私は、毎日の通勤を自転車でしています。自宅から職場まではだいたい20分程度の距離で、交通費の節約にもなるし、エクササイズにもなるということで、現在の職場で働き始めてから約2年間、ずっと自転車通勤をしていました。

先日、残業でかなり遅くなってしまい、急いで会社から自宅に自転車に乗って帰っていました。私は、自転車をある程度のスピードを出して運転しますので、もちろん車道を走っていました。そうしたところ、先行する自動車が国道沿いの店に入るためか、いきなりスピードを落とし、急に左折をしました。私は、前をしっかり見て運転をしていましたが、さすがに急な出来事だったので、そのまま自動車と激突してしまって、私は自転車もろとも吹き飛ばされてしまいました。

事故の後、運転をしていた年配の女性となんとか会話をして、連絡先を交換しました。私は、左手や左足にかなりひどい擦り傷を負いました。また、左手首を骨折してしまうという重症を負いました。骨折した箇所については、手術を行い、そのまま入院することになりました。現在も定期的に通院しています。また、左手と左足の擦り傷についても、同じ病院で治療中です。

ところが、私は、自転車に関する保険などには入っていなかったですし、相手方である女性の対応もあまりよくないので、私自身が仕事で忙しい身ですから、信頼のできる弁護士の先生に相談をしたいと考えています。

DATE:2017/06/08

ピックアップ記事一覧へ