実際の体験談・経験談と気を付けるポイントをまとめました

もし、交通事故に遭ってしまったら

こちらがバイクだと非常に弱いです

20代後半男性会社員、独身です。

天気のいい朝の事でした。いつものようにバイク(400cc)で通勤していた時のことです。住宅街の片側1車線を走っていると、左の道路から車が来たのが分かりました。向こうは一時停止の標識があるから止まると思い、そのまま進んでいったところ、予想に反して止まらずに出てきました。

出てくるとは思っておらず、ブレーキも掛けなかったため避け切れずこちらのバイクの横っ腹にぶつかってきました。当然こちらはバイクもろとも車道に投げ出されてしまいました。相手の運転手が警察を呼んでくれましたが、こちらは足から出血しており、ポタポタ血が垂れるような状況でした。痛みもありましたが歩けたので、ちょっと切っただけだなと楽観視していました。

救急車に乗る際も自分で歩いて乗りましたが、病院に行ってレントゲンを撮ったところ、くるぶしの剥離骨折との事でした。なお、出血部分は5針程縫い、ギプスで固め、2週間入院(全治5週間で重傷)することになりました。

交通事故の原因は相手の一時不停止と左右の不確認でした。確かに思い出すとこちらを見ていなかったような気もします、後で気づいても遅いのですが。退院後、いろいろと保険会社との話を進めていくのですが、相手は免停になったのが気に入らなかったらしく、なかなか補償内容に首を縦に振らず、危うくこちらも入院費用などを少し負担するところでした。

相手は結局開き直って最後は全額補償すると言うことで解決しましたが、こんな時に弁護士に相談出来たらスムーズに嫌な思いをせずに済んだのかな?と思ってしまいました。こっちが痛い思いをしているのに、相手は殆ど誠意が無い対応でしたので、ちょっと人に怪我させといて、知らん顔のやつもいるんだと、痛い社会勉強でした。

DATE:2017/11/07

ピックアップ記事一覧へ